わたしのチャングー手帖

バリ島在住の私がチャングーで見た、聞いた、食べた、行ってみた、やってみた、感じたことなどを書き留めておくノートです。

インスタントではないコーヒーを100円以下で飲める地元の若者に人気のカフェ&レストラン「Doddy's Joint」

こんにちわ、トムです。

大学や専門学校がいくつかあって、スミニャックやクタなどで働いている人たちも多く住むダルンには、夕方からオープンのワルンやカフェがたくさんある気がする。昼間はみんな学校や仕事に行っているので街も静か。でも夕方5時以降になると、どこから沸いて出てきたんだ?って思うほどバイクで走っている人たちでいっぱいになる。

 

そんなダルンのメイン通り(?笑)のロータリーからすぐ入った所にできた2階建てのカラフルなカフェ&レストランに最近ハマっている。


f:id:Tom-3:20161004124959j:image

(1階の入り口から狭くて急な螺旋階段を見上げた図。)

 

Doddy's Joint (ドディーズ・ジョイント)は午後3時開店の夜型なお店。ハンバーガーやパスタ、ピザの他にも、チキンウィングやポテトフライ、ミニ春巻なんかのおつまみも充実していて、割りとお手頃な値段で食べられる。ドリンクも安い!


f:id:Tom-3:20161004125215j:image

怖い螺旋階段を上がって2階に行くとテーブルがいっぱい。壁に沿ったベンチ席にはプラグがいっぱい。ネットも速くて快適。PCを持ち込んでいるヤングな若者も見かける。


f:id:Tom-3:20161004125730j:image

午後3時から6時まではなんとコーヒーメニューが半額!この背の高いグラスで出てきたアイスカフェオレは定価でもRp18,000なので、なんと割引後はRp9,000!最近のレート(128)で換算すれば、な、な、なんと、このアイスカフェオレが1杯70円!ホットのカフェオレ頼んだら、カプチーノみたいな泡が乗ったのが出てきたけど定価Rp16,000の割引後Rp8,000、62円ですよ!

 

座席数の割に駐車スペースが少ないのが玉にキズだけど、後はGo-Jek を利用してデリバリーしてもらっている人たちも多いよう。1階がGo-Jekのドライバーたちでいっぱいになっていることも。それだけ料理がおいしくてお手頃価格ということでしょうか。


Doddy's Joint 

http://www.facebook.com/Doddyjoint

081999713229

朝からデザートを食べても罪悪感を感じないかわいらしいカフェ「Kinoa Bali」

おはようございます、トムです。

・ココナッツミルク

クレームブリュレ

この2つが組み合わさって、しかも甘さ控えめで朝食代わりに食べられるヘルシースイーツだとしたら、罪悪感どころか「カラダにいいもの食べてるんだ~」って満たされた気持ちになれます。
f:id:Tom-3:20160928135406j:image

「Clean Eating Bar」なんて書いてあるカフェ「キノア」はからだにいいものだけを使って作られたスイーツやお料理が食べられる。安心、安心。

あ~、私いまキノアでタンパク質や食物繊維とってるんだ~、みたいな(笑)

しかもこんな景色を前にして。幸せ。
f:id:Tom-3:20160928135050j:image

一緒に行った友達はキャロットケーキをオーダー。
f:id:Tom-3:20160928135512j:image

とってもラブリー💓

コーヒーもおいしいのでとってもオススメのカフェ。でも場所がわかりにくかった~。

 

エコビーチとペレレナンビーチの間だけど、エコビーチからの近道は封鎖されてしまったので私はペレレナンから入りました。

乗馬のできる馬屋を過ぎて道なりに500Mほどビーチに向かって進んだ左手です。

Kinoa Bali 

Jl. Munduk Kedungu 

+62 81338927599

風通しよし、見晴らしよし、居心地よしと三拍子そろったカフェ「Marakuja Bali」

こんにちわ、トムです。

チャングーのショートカットと言えば、よく車が道を外れて落ちてしまっているアノ道ですが(笑)、ブラワからバトゥボロンに抜ける時にあぜ道を上りきった角、左手に新しく高床式のカフェがオープンしました。


f:id:Tom-3:20160923133821j:image

オーナーは「ウォータークレス」の考案者で、「ミルク&マドゥ」のオーナーのお母さんだというフランス人の方です。どちらもヘルシーでおいしいをコンセプトにメニューで大人気のお店。その人が手掛けたお店だけに、インテリアがかわいいだけでなく、ショーケースに並んだケーキやサラダも素敵。


f:id:Tom-3:20160923134144j:image

かわい過ぎないところがかわいい。


f:id:Tom-3:20160923134418j:image
こんな落ち着けるスポットも。


f:id:Tom-3:20160923134730j:image

小ぶりだけどしっかり食べごたえのあるスイーツ。おフランスらしくアーモンドを使ったお菓子がたくさんある。


f:id:Tom-3:20160923134925j:image

コーヒーもおいしい。

お水を頼まなくても持ってきてくれるし、減れば注ぎ足してくれる。当たり前のようで、バリではそんなサービスをしてもらえたり、してもらえなかったり。なのでちょっと嬉しい。

 

さらに、駐車場に降りてくると私のバイクは出やすいように向きが変えられていて、友達のバイクのシートにはなんと濡れた布がかかっている!これは素晴らしいサービス!だっていつもシートが日に当たってかなり熱くなっているので、ショーツをはいていると太ももを火傷するかと思うほど。こんなパーキルには喜んで1000ルピアお支払したい。どうもありがとう。

 

今朝はコーヒー&ケーキ目的で行ったけど、ショーケースに並んだサラダもカラフルで美味しそうだったし、ディナーもやっているそうなので、また行きたいリストに掲載決定!

 

Marakuja Café Bali 

 

 

 

テック、テック、ムコテーック!男どもが長い木の棒を持って集まるお祭り in ムングー

こんにちは、トムです。

もう数年来の知り合いで、なんでも器用にできるローカルのお友達がいます。

この前も家の修繕をしに来てくれて、その時に「今度のクニンガンの日にムングーでお祭りがあるから見に来なよ。」と教えてくれました。なんでも男どもが長いスティックを持って戦うお祭りなんだとか。面白そう!彼も参加するそうです。ムングー村の男総出で行う珍しいお祭り。ムングー村でしかやっていないそうです。これは見に行かねば!

「午後2時だよ!」と言われたものの、どこで2時なのか、何が2時なのか理解できないまま、とりあえず午後2時過ぎにムングーに行けば何か見れるだろうと家を出ました。

ムングー村の中心部に近づくと、家の前に座って何かを待っているような女・子供、おじいちゃんたちが増えてきて、どこの家の前も人だらけに。ついにセセ・ビーチへ向かう道路が地元の警備隊プチャランによって封鎖され、人だかりもあるし、バイクでは身動きがとれなくなったので断念して空いた隙間に路駐。すると…、背後からざわざわ。

f:id:Tom-3:20160917142922j:plain

うわー!

3mはある長い木の棒をこれだけ集めるの大変だっただろうなぁ。

みんな勇ましいぞ!

f:id:Tom-3:20160917143145j:plain

そして誰かが号令をかけたのか、ホイヤー、ホイヤ―!(と聞こえるw)と言いながらみんなが集まって木の棒の先を押し合いへし合い。押されてしまったほうにヤ―!と木の棒が崩れていく。そしてまたみんな前を向いて歩きだす。

f:id:Tom-3:20160917141509j:plain

ちびっこ隊もがんばったね。いい顔してるぞ。

f:id:Tom-3:20160917141903j:plain

お父ちゃんたちもお疲れさま!このままビーチまで行進するそうです。
てか、ビーチまで相当歩くけど大丈夫?

f:id:Tom-3:20160917142919j:plain

最後は女の人も行進に加わっていきました。ちゃんと正装して参加している外国人もいたけど、ここに住んでいるのかな?

行進が通り過ぎてバイクで動けるようになったらセセ・ビーチまで行こうかと思ってたけど、突然嵐のような風が吹いて雨が降り出したので、私はここで終了。

来年はもう少し早めに来て、逆光でない場所から撮影しよう、と思ったのでした。

ビーチで本格的な和食が楽しめる「カエモン・ワルン」

こんにちは、トムです。

時々、無性に食べたくなる中毒性の高い「チキン・テリヤキ」があります。


f:id:Tom-3:20160915153334j:image

皮はパリパリ、中はしっとり、香ばしいタレが絡んだ極上チキン照り焼き。こんな一品をビーチの目の前で、サーファー達を眺めながら冷たい飲み物と一緒に食べられるなんて幸せ。さらに「ワルン」だけあってお値段が超お手頃。この大きな鶏もも肉の照り焼きがなんとRp 40,000!400円でお釣りがきます。

 


f:id:Tom-3:20160915153933j:image

茄子の揚げ出し(写真上)や、なす味噌もとろけるように柔らかく、味がよく浸透していて絶品。


f:id:Tom-3:20160915155339j:image

カツ丼はつゆの味が私の好み❤

インドネシアでありがちな甘いつゆではなく、だしが効いていておいしい。つゆだくなごはん最高!炭水化物を減らしていたことを忘れる旨さ。こちらも驚愕のRp 40,000!

ワルンなのでフルーツジュースやビンタンビールはもちろん、なんと、チューハイが飲めます!クランベリージュース割りが私のお気に入り。


f:id:Tom-3:20160915160008j:image

こんな夢のような「カエモン・ワルン」へは、エコビーチに入ってすぐ右手の階段を降りてサンドバーの2軒先です。

 

f:id:Tom-3:20160915160405j:plain

Kaemon Warung
(0361) 848 2936